利用者の声 ※第13回日本うつ病学会総会にて発表


職場や社会復帰コース利用者
 
アフターフォロー利用者
グループセッションで行った参加者同士の意見交換では、同じような悩みを他の人も抱いている事がわかり安心しました。毎回新しい自分を発見することが楽しみになりました。
  完璧を求めず、スモールステップによる時間の蓄積を大切にし、結果的に職場に貢献できればいいなぁと感じています。
ワークサンプルを実施したことで、作業中の集中力を高め、作業遂行時の速さや正確さも高まりました。
  自分の視点の切り替えや物事をプラスに考えることによって、心が安まりました。
自分の疲労サインに気づくようになったことで、自分に合ったリラクゼーションを実践していきながら、こころや身体の緊張感を和らげることができました。セルフケアを身につけながら、復職への意欲も高まりました。
  自分の考え方を記述し、発表することで改めて、自分自身のものの見方について再確認することができました。
ストレスに負けない方法をたくさん習得することが、病気の予防につながるのだと理解できました。
  仕事中に休憩を入れるタイミングや昼休みの過ごし方が、勤務を継続できるコツだと思えるようになりました。
気分の波もありましたが、グループセッションで習った気持ちの切り替え術を活用することで、職場のストレス場面を乗り越えるコツを少しずつ掴めるようになり、復職への不安が軽減されました。
  同じ状況、事柄でもちょっとした見方、考え方を変えるだけで、ストレスの度合いが変わるということ気づきました。

  くよくよ考える悪循環は、不安や落ち込みにつながるとわかり、リラクゼーションやセルフケアも大切と理解できました。


● 職場復帰したい方は こちら    ● 社会復帰したい方は こちら
 

 Copyright (C) KAIKA Inc. Rights Reserved.